さまざまな効果を期待され、通販等でよく見かける水素水。
このサイトは誰もが疑問に思う事を調べます。

「…それ、本当に水素が含まれているの?」

水素風呂の入浴効果と濃度比較|水素バス効果測定

水素風呂とは?

水素風呂とは、水素水のお風呂です。水素を効率よく体内に取り入れる方法としては、水素水を飲用する方法と水素のお風呂に入る方法が代表的ですが、飲用はこまめに取り込むことができ、水素風呂は一気に全身で取り込むことができます。アトピー等の皮膚疾患にはお風呂の方が効率的です。成人病予防には飲用の方が良いと思われますが、可能であるなら併用をお勧めします。

お風呂で使用する水素水タイプ

①電気分解による発生機械
②粉末等の化学反応
③マグネシウム等の化学反応
④水素ガスを注入するバブリング
※上記タイプ別に順次、実測値を検証していきます。

実測値検証済み商品は下記です。

検証済み商品(番号はタイプ)水素濃度測定比較
グリーニングスパ ① ハイドロジェンパウダー ② 水素SPA H Pot ③
グリーニングスパ4 ハイドロジェン4 H-Pot2
ナノ水素スパ ②
nanoh2spa_s

水素水風呂の効率の良い入浴の仕方と効果

入浴時間は最低7分で体中に行きわたると言われておますが、ぬるめのお湯でなるべく長く入浴した方が効果的です。水素は取り過ぎても排出されるので長時間入り過ぎてマイナスなことはありません。
・水素の血管拡張効果により冷え性の方におすすめ
・美肌効果(悪玉活性酸素が原因と言われるシワやシミ、くすみや肌荒れ)
・その他、ダイエット、アンチエイジング、肩こり、血圧等に効果があると言われてます。

水素水風呂の選び方と今後

上記水素水風呂の4つのタイプの内一番商品化されているのが、②の粉末等の化学反応タイプ、次いで①の電気分解による発生機械、③のマグネシウム等の化学反応です。④の水素ガスのバブリングは今後開発が進むと思われます。

タイプ別雑感
②粉末等の化学反応 バスクリンの様な感覚で使い切り。風呂全体に水素が行きわたる。個別包装タイプと計量スプーンで使うタイプがある。
①電気分解による発生機械 機械なので1回購入してしまえば、数年は使えるでしょう。保証期間も1年ついているものが多い。毎日水素風呂に入る人なら、費用が一番安くなるでしょう。しかし、原理的にパウダーの様に風呂全体には行きわたらないので、発生装置を前後に動かしたり工夫して使用することをお勧めします。
③マグネシウム等の化学反応 水素が大量発生するタイプですが、マグネシウムの定期的な掃除が個人的には面倒だと思います。クエン酸をかけたり少し手間がかかります。まめな人には良いと思いますが。
サブコンテンツ

このページの先頭へ